外来のご案内

トップ > 外来のご案内 > 各専門外来 > 禁煙外来

禁煙外来

診療内容

1.喫煙の影響
喫煙習慣は肺炎・肺癌・肺気腫症など呼吸器の病気だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞、さらには食道癌や大腸癌、膀胱癌など様々な病気に関係し、妊娠中は早産の危険性も高めてしまいます。
身近な問題では、顔のしわが増える、口臭・体臭の原因になる等も挙げられます。

2.禁煙治療について
平成18年より厚生労働省はニコチン依存症と診断された長期喫煙者に対し、1年間に1コースを限度として禁煙治療を保険診療で行う事を認可しました。

保険診療の対象
(1)ニコチン依存症の方(初診の際に病院で診断します。)
(2)タバコの一日喫煙本数x喫煙年数が200以上
 例・一日20本、10年間喫煙中の方・・・20x10=200
(3)直ちに禁煙する意思のある方
 つまり、これらの方々は、つらい禁煙が当院で保険診療として受けられるようになったのです。
 自費診療の場合もありますが、病気を予防する意味からも禁煙を決心したら直ちに当外来を受診して頂く事をお勧めします。

3.禁煙治療の実際
初診の際に、アンケート式の問診を用い、ニコチン依存症の有無を判断致します。
ニコチン依存症と診断された場合には、日本循環器学会・日本肺癌学会・日本癌学会作成の禁煙治療スケジュールに沿って、禁煙治療薬を用いた禁煙治療を行います。

1コースの治療中は、初診時以降は治療開始後2,4,8,12週目に受診して頂き、禁煙中に生じた問題点を一緒に解決してゆきます。

 

診療受付時間

毎週火曜日 午後(要予約

 

担当医師

内科(呼吸器) 大越 広貴

 

お問い合わせ先

市立甲府病院 内科外来
電話:055-244-1111(代) 内線1061・1062