診療科

トップ > 診療科 > 消化器内科

消化器内科


診療スタッフ

雨宮 史武(あめみや ふみたけ) 科部長 医学博士 (社)日本内科学会 総合内科専門医
(財)日本消化器病学会 専門医・指導医
(社)日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
(社)日本肝臓学会 専門医・指導医
(社)日本癌治療認定医機構 がん治療認定医
日本肝臓学会 東部会評議員
門倉 信(かどくら まこと) 科長 医学博士 (社)日本内科学会 総合内科専門医
(財)日本消化器病学会 専門医・指導医
(社)日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
(社)日本肝臓学会 専門医・指導医
(社)日本癌治療認定医機構 がん治療認定医
日本胆道学会 指導医
日本膵臓学会 指導医
日本消化器病学会甲信越支部評議員
日本消化器内視鏡学会甲信越支部評議員
田中 佳祐(たなか けいすけ) 医長   (社)日本内科学会 認定内科医
安村 智生(やすむら ともき) 医師    
依田 宏貴(よだ ひろき) 医師    
竹中 優美(たけなか ゆみ) 医師    
森 優喜(もり ゆうき) 医師    

 

特色

当科は、山梨大学消化器内科と連携し診療を行っています。地域の病院、診療所、医院、クリニック、リハビリ病院、検診施設と連携し、病状に応じた検査、入院診療を行っています。

  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本胆道学会認定施設
  • 日本肝臓学会認定施設

▲ページのトップへ

主な疾患と実績

  • 消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)
    消化管の悪性・良性腫瘍に対する内視鏡治療や化学療法、食道・胃静脈瘤の内視鏡治療、食道炎や胃・十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患に対する治療を行っています。
  • 肝臓
    急性肝炎・慢性肝炎などのウイルス性肝炎をはじめ肝がんに対する動脈塞栓術、ラジオ波焼灼術などを行っています。
  • 胆のう、胆管、膵臓
    胆道や膵の腫瘍性疾患に対する治療、内視鏡を用いた胆石や胆管狭窄の治療など、より患者さんの体への負担の少ない治療に取り組んでいます。
  • 救急対応
    消化管出血や閉塞性黄疸に対する内視鏡処置などの救急対応を行っています。

 当院では、通院治療センター、 放射線治療の設備を持ち、放射線治療科と連携し、消化器癌に対する化学療法、放射線治療を行っております。

▲ページのトップへ

当科で行っている専門的な検査と治療

  • 消化管疾患
    内視鏡的止血、食道静脈瘤結紮術・硬化療法、内視鏡的粘膜切除術、粘膜切除術特殊光による表在癌の診断、化学療法
    ※2019年から早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を2020年から早期大腸癌に対するESDを開始しました。
  • 肝疾患
    ラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓術、化学療法、経口抗ウイルス療法
  • 胆のう・膵臓疾患
    胆膵内視鏡、乳頭切開・バルーン拡張、胆道・膵管ステント、化学療法

▲ページのトップへ

診療実績

2020年内視鏡件数
内視鏡検査数 件数
上部消化管  
  通常観察 1,474件
止血術 15件
内視鏡的粘膜下層剥離術 20件
経皮内視鏡的胃瘻造設術 20件
食道静脈瘤硬化療法 3件
食道静脈瘤結紮術 5件
食道ステント留置術 3件
十二指腸ステント留置術 1件
食道バルーン拡張術 15件
下部消化管  
  通常観察 1,096件
止血術 30件
内視鏡的粘膜切除術 216件
内視鏡的粘膜下層剥離術 4件
大腸ステント留置術 7件

 

2020年 肝細胞癌

肝細胞癌 例数
初発 18
再発 33

 

治療 件数
肝動脈化学塞栓術(TACE) 18
ラジオ波焼灼術(RFA) 33
放射線治療 2
化学療法 4

 

2020年 胆・膵領域
2018年 胆・膵領域 例数
ERCP総数   180
胆道ドレナージ  
  ENBD 14
プラスチックステント 75
メタリックステント 20
乳頭処置  
  EPBD(含EPLBD) 22
EST 28

 

膵癌新規症例 27
胆道癌新規症例 17
総胆管結石 61

 

▲ページのトップへ

業績(学会・研究会・講演・論文・刊行等)

原著論文

     2021年度

     1.Asymptomatic Common Bile Duct Stones Are Associated with Increased Risk of Post-Endoscopic
    Retrograde Cholangiopancreatography Pancreatitis.

Kadokura M, Takenaka Y, Yoda H, Yasumura T, Okuwaki T, Tanaka K, Amemiya F.

JMA J. 2021;4(2):141-147.

     2020年度

1.Fracture of a Self-expandable Metallic Stent Inserted for Malignant Gastric Outlet Obstruction.

Kadokura M, Takenaka Y, Yoda H, Yasumura T, Okuwaki T, Tanaka K, Amemiya F.

Intern Med. 2020 Nov 30. doi: 10.2169/internalmedicine.6216-20.

PMID: 33250468 Free article.

2.Molecular detection and clinicopathological characteristics of advanced/recurrent biliary tract
  carcinomas harboring the FGFR2 rearrangements: a prospective observational study (PRELUDE
  Study).

Maruki Y, Morizane C, Arai Y, Ikeda M, Ueno M, Ioka T, Naganuma A, Furukawa M, Mizuno N, Uwagawa T, Takahara N, Kanai M, Asagi A, Shimizu S, Miyamoto A, Yukisawa S, Kadokura M, Kojima Y, Furuse J, Nakajima TE, Sudo K, Kobayashi N, Hama N, Yamanaka T, Shibata T, Okusaka T.

J Gastroenterol. 2020 Oct 26. doi: 10.1007/s00535-020-01735-2. PMID: 33106918

3.Utility of the simplified measurements of muscle mass in patients with gastrointestinal and chronic
  liver diseases.

Takada H, Amemiya F, Yasumura T, Yoda H, Okuwaki T, Tanaka K, Kadokura M, Enomoto N.

Sci Rep. 2020 Jul 1;10(1):10795. doi: 10.1038/s41598-020-67847-0.

PMID: 32612273

4.Relationship between presarcopenia and event occurrence in patients with primary hepatocellular
  carcinoma.

Takada H, Amemiya F, Yasumura T, Yoda H, Okuwaki T, Imagawa N, Shimamura N, Tanaka K, Kadokura M, Maekawa S, Enomoto N.

Sci Rep. 2020 Jun 23;10(1):10186. doi: 10.1038/s41598-020-67147-7.

PMID: 32576956

5.Extravasation and fluid collection on computed tomography imaging in patients with colonic
  diverticular bleeding.

Takada H, Kadokura M, Yasumura T, Yoda H, Okuwaki T, Imagawa N, Shimamura N, Tanaka K, Amemiya F, Enomoto N.

PLoS One. 2020 Apr 9;15(4):e0229884. doi: 10.1371/journal.pone.0229884. eCollection 2020.PMID: 32271779

6.内視鏡的乳頭括約筋切開後に後上膵十二指腸動脈瘤を形成し、経カテーテル的動脈塞栓術にて止血し得た1例

奥脇 徹也、 門倉 信、 依田 宏貴、 安村 智生、 高田 ひとみ、 田中 佳祐、 雨宮 史武

Gastroenterological Endoscopy (0387-1207)62巻6号 Page696-701

2019年度

1.Utility of Prognostic Prediction Models in the Terminal Stage of Gastrointestinal Cancer.

Kadokura M, Okuwaki T, Imagawa N, Shimamura N, Takada H, Amemiya F.

J Gastrointest Cancer. 2020 Jun;51(2):515-519. doi: 10.1007/s12029-019-00270-5.

PMID: 31256333

2.肝細胞癌終末期における予後予測モデルの有用性に関する検討(原著論文)

門倉 信、 奥脇 徹也、 今川 直人、 島村 成樹、 高田 ひとみ、 雨宮 史武

肝臓 (0451-4203)60巻7号 Page229-236(2019.07)    

2017年

  • 市中病院における胆道感染症の現状:胆汁細菌検査の結果より
    市立甲府病院 消化器内科
     門倉 信、今川 直人、石田 剛士、島村 成樹、久野 徹、辰巳 明久、雨宮 史武
    胆と膵 2017 vol.38 (4) p.413-418

    Impact of pre-sarcopenia in sorafenib treatment for advanced hepatocellular carcinoma
    Takada H, Kurosaki M, Enomoto N, Izumi N, et al.
    PLoS ONE. 2018 Jun 18;13(6)

学会発表

2020年度  新型コロナウイルス蔓延のため発表無し

2019年度   

  • 膵管造影範囲別ERCP後膵炎リスクと低用量ジクロフェナク坐薬の有用性
    市立甲府病院 消化器内科
     門倉信
    2019年7月12日 第50回日本膵臓学会大会
  • 胆管結石治療におけるhigh risk症例に対する内視鏡的胆管ステント留置術
    市立甲府病院 消化器内科
     奥脇 徹也、 門倉 信、 今川 直人、 島村 成樹、 高田 ひとみ、 雨宮 史武
    2019年6月9日 第86回 日本消化器内視鏡学会甲信越支部例会  

2017年度

  • 進行食道癌に対する化学放射線治療中にHBV再活性化を来した1例
    市立甲府病院 消化器内科
     今川 直人、雨宮 史武、石田 剛士、島村 成樹、久野徹、辰巳 明久、門倉 信
    2017年5月27日 新潟ユニゾンプラザ
  • 慢性肝疾患におけるshear wave elastographyと腹腔鏡下肝生検による線維化診断
    市立甲府病院 消化器内科
     高田 ひとみ、黒崎 雅之、榎本 信幸、泉 並木
    2017年5月28日 超音波学会 栃木県総合文化センター
  • SVR後の肝発癌、肝癌再発、バイオマーカーとしてのAFPの意義
    市立甲府病院 消化器内科
     高田 ひとみ、黒崎 雅之、榎本 信幸、泉 並木
    2017年6月9日 肝臓学会 広島国際会議場
  • 進行肝癌症例におけるソラフェニブ忍容性と肝予備能
    市立甲府病院 消化器内科
     高田 ひとみ、黒崎 雅之、榎本 信幸、泉 並木
    2017年6月24日 分子標的治療研究会 ルネッサンスリゾート鳴門
  • 進行肝癌症例におけるソラフェニブ導入後の肝予備能の推移
    市立甲府病院 消化器内科
     高田 ひとみ、黒崎 雅之、榎本 信幸、泉 並木
    2017年7月4日 肝癌研究会 京王プラザホテル

講演会

     2017年

  • 慢性肝疾患におけるサルコペニアの意義
    市立甲府病院 消化器内科
     高田 ひとみ、黒崎 雅之、榎本 信幸、泉 並木
    2017年4月26日 多摩GI研究会 パレスホテル立川
  • C型肝炎SVR症例におけるWFA+-M2BPの意義と問題点
    市立甲府病院 消化器内科
     高田 ひとみ、黒崎 雅之、榎本 信幸、泉 並木
    2017年7月1日 臨床肝臓カンファレンス 砂防会館
  • バイポーラRFAシステムの有用性と今後の課題
    市立甲府病院 消化器内科
     高田 ひとみ、黒崎 雅之、榎本 信幸、泉 並木
    2017年9月25日 肝癌治療シミュレーション研究会 あべのハルカス